Author: washme

【災害時マニュアル】少ない水で洗濯する方法

災害が起きて、避難生活を送っているのと、災害直後と数日後では違った問題が起きます。人間は衛生面で大きな感じるストレスを感じると言います。 断水している場合は、飲み水のほかに、お風呂やトイレ、洗濯など日常使う水も必要です。

掃除・洗濯は誰がやるべき? 意識調査の結果によると…

実は、日本の男性が「世界一家事をしない夫」であることをご存知ですか? その結果が明るみになったのは、国際社会調査プログラム(ISSP)が2012年に実施した「家族と性役割に関する意識調査」。 配偶者がいて、18歳未満の子

困った時に使える! 旅行・出張中の洗濯“裏ワザ”

旅行や出張に出かける時は、荷物を最小限にしたいもの。そこで、問題なのが旅先での洗濯です。クリーニングに出すほどでもない下着や靴下などを手洗いしている方も多いと思います。 今回は旅先で使える洗濯の裏ワザをご紹介します。 &

子どものアレルギー、洗濯洗剤も見直しましょう!

近年の子どもは4人に1人の割合で、何らかのアレルギー疾患を持っていると言われています。またそのうちの10人に1人が食物アレルギーです。子どもの食物アレルギーはニュースでも話題にのぼることが多くなっています。文部科学省の調

春本番まであと少し。厚手のニットの洗い方。

冬の寒さもひと段落。そろそろ厚手のセーターをしまって、春物のセーターの出番です。冬に大活躍したお気に入りのセーター。来年の出番まで、きれいに洗ってしまっておきたいですね。 クリーニングに出すのもいいけれど、自分で洗えるも

コインランドリーの歌をうたおう。

ちょっとセンチメンタルだったり、愛おしくなる時間だったり、落ち込んだり、よろこんだり、コインランドリーにはさまざまな時間が流れています。 そこで今回は、コインランドリーが登場する歌を集めてみました。コインランドリータイム

腹筋100回! エクササイズする? それとも洗濯する?

女性も男性も気になるのがダイエット。 ご飯を少なめにしたり、間食をガマンしたり、ランニングや腹筋を始めてみたり、ヨガのレッスンに通ったり……。 それぞれのやり方があると思います。そこで今回、おすす