洗濯物がなかなか乾かない……秋には秋の洗濯方法を
laundry

洗濯物がなかなか乾かない……秋には秋の洗濯方法を

Pocket

朝晩の空気や虫の声に秋の深まりを感じます。秋になって日照時間が少なくなったり、長雨の日が続くと、夏のように洗濯物がカラッと乾かなくなり、生乾き臭が気になり始めます。そこで今回は、秋のための洗濯方法をご紹介します。

 

洗濯洗剤は抗菌効果のあるものを選ぶ

実は洗濯物が臭うのは、菌が増えているから。菌やカビは湿度75%、温度20度以上で増えるといいます。まさに秋の室内は菌が増えやすい環境です。

そこで、秋の洗濯は梅雨同様、抗菌・除菌対策が必要!秋になったら、洗濯洗剤も抗菌効果の高いものを使うようにしましょう。もう既に生乾き臭がついてしまっているものは、漂白剤を使うことをオススメします。漂白剤は色柄物、白物にも使える酸素系漂白剤を選びます。雑菌は熱に弱いので、洗濯前に50度以上の熱湯につけたり、洗濯後にアイロンをかけるのも効果的です。

 

柔軟剤でふんわりといい香りに仕上げる

抗菌効果のある洗剤を使って汚れをしっかり落とし、生乾き臭を予防したら、柔軟剤でふんわりといい香りに仕上げます。柔軟剤の使いすぎは「香害」とも呼ばれ、周りの人にとって迷惑に感じていることも。柔軟剤は規定量以上入れてしまうと香りが強まる一方で、黒ずみや吸水性を低下させる原因にもなります。

柔軟剤の香りは少し足りないかなと思うぐらいでちょうどいいのかもしれません。たまにいつもと違う香りの柔軟剤を使ってみるなど、柔軟剤の香りになれないようにすることも大切です。

 

Pocket