冬物の衣替えはゴールデンウィークまでがお約束!
laundry

冬物の衣替えはゴールデンウィークまでがお約束!

今年の春は例年に比べて、気温が高い見込みとされています。ここ1ヶ月まるで夏のような気温が続き、すでに夏物を出している方も多いかもしれません。以前までは、制服などの「衣替え」と言えば6月1日でしたが、近年は5月も気温が高い日が多く、フレキシブルに変わりつつあります。実は冬物の衣替えはゴールデンウィークまでにしておくべき理由があります。そこで今回は今すぐ衣替えをすべき理由をご紹介します。

 

ゴールデンウィークまでに衣替えをすべき理由とは?

冬物のしまい洗いをゴールデンウィークまでにすべき理由は、衣類を食べる害虫が、ゴールデンウィーク明けから成虫になり卵を産み落とすため。衣類と卵を一緒に収納してしまい、クローゼットの中で卵がかえってしまうと大変です。つまり、ゴールデンウィークまでにしっかりしまい洗いをして衣替えをすませておくことがポイントになってきます。

 

衣類を食べる害虫とは?

衣類を食べる害虫は、ヒメカツオブシムシ、ヒメマルカツオブシムシ、イガ、コイガなどがいます。これらの害虫は、ゴールデンウィーク明けから秋にかけて成虫になり卵を産みます。そして、冬から春にかけて卵から幼虫、さなぎへと成長し、衣類を食べるのです。大切な衣類は1回でも着たら、しっかりしまい洗いをして、防虫剤を入れて、密閉できる容器に入れてしまっておけば万全です。

 

冬物の衣替えがゴールデンウィークを過ぎてしまった場合は?

ゴールデンウィークを過ぎてしまった場合は、しまい洗いをしてからアイロンをかけましょう。害虫や卵は熱に弱いので、死滅できます。

また、しまい洗いをする際は、首回り、脇下など汗や汚れがきになる部分には、液体洗剤などを直接塗ってから洗うのがおすすめです。また、食べこぼしのシミには、液体酸素系漂白剤を直接塗ってから洗うといいでしょう。