洗っても汗くさい……そんなニオイは熱湯洗いで解決!
laundry

洗っても汗くさい……そんなニオイは熱湯洗いで解決!

Pocket

sport

今年の夏は厳しい暑さの日が多く、外でたくさん汗をかいた方も多いのではないでしょうか? 汗をかいた衣類はすぐに洗濯するのがお約束ですが、高残香の柔軟剤を使っても何となく汗のニオイが取れていない場合があります。そこで今回は、菌のニオイをキレイに落とす方法をご紹介します。

 

衣類に汗のニオイがついてしまう原因とは?

実は汗にニオイはありません。衣服についてしまった汗のニオイの原因は菌の繁殖によって発せられたもの。衣服についた汗に皮脂やアカが混ざり雑菌が発生し、ニオイの原因になっています。雑菌は高温多湿を好むので夏から秋は要注意! 菌が繁殖する前に洗濯できればベストですが、何度も洗濯するのも手間がかかります。

ところが一度、衣服にニオイがついてしまうと、普段通りに洗っただけでは落ちません。このニオイの原因の雑菌を退治するのに効果があるのが「熱湯洗い」です。

 

汗のニオイを取る! 熱湯洗いの方法とは?

用意するのは「たらい」と「熱めのお湯(50度程度)」。

たらいに熱めのお湯を注ぎ、衣類を浸します。お湯だけでも効果はありますが、汚れも落としやすくしたい場合は、洗剤を入れて軽くもみ洗いするのもオススメです。

20~30分つけおいたら洗濯機に入れ、いつも通り洗濯します。「熱湯洗い」は通常の洗濯の下準備です。ひと手間をかけることで、ニオイを効果的に落とすことができます。

 

お湯で洗濯する時に注意すべきことは?

熱湯洗いでは、熱めのお湯を使いますが、お湯の温度が高いほど、色落ちしやすくなります。色柄物を洗濯する際は注意しましょう。
お風呂の残り湯は皮脂やアカが含まれていて雑菌が繁殖しやすいので、熱湯洗いをした衣服の洗濯には、使わないことをオススメします。

汗のニオイが気になったら、ぜひ一度熱湯洗いを試してみてください。

 

 

Pocket